English
お問い合わせ
〒190-8562
東京都立川市緑町10-3
統計数理研究所
丸山宏研究室
TEL: 050-5533-8536
Eメール: hm2 at ism.ac.jp
想定外を科学する

ニュース

2016/3/31
本プロジェクトは終了しました。
2016/3/28
2016年4月12日(火)に、本プロジェクトの成果をまとめた書籍が近代科学社から出版されます。(リンク)
2016/3/28
2016年6月22日(水)に開催される一般社団法人レジリエンス協会の講演会において、本プロジェクトのメンバーが講演を行います。(リンク)
2016/3/16
ICONS 2016 で Roberto Sebastian Legaspi が発表した論文「Complexity-based Thinking in Systems Intelligence for Systems Resilience」が Best Paper Award を受賞しました。(表彰状)
2015/12/7
2015年11月21日に開催された「ITx災害」会議2015のレポートおよびプロジェクトの紹介記事を公開しました。(リンク)
2015/11/6
2015年2月23日から26日まで開催された湘南会議のレポートを公開しました。(リンク)
2015/10/8-9
本プロジェクトのワークショップを軽井沢国際高等セミナーハウスで開催し、15名が参加しました。
2015/9/11
2015年11月21日(土)に「IT×災害」会議2015を統計数理研究所で開催します。この会議はIT技術による減災、防災、災害復興を議論する場を提供することを目的とし、本年は統計数理研究所との共催とて開催されます。
2014/9/1-2
本プロジェクトのワークショップを軽井沢国際高等セミナーハウスで開催し、21名が参加しました。
2014/2/3-5
国際ワークショップ:社会のイノベーションを誘発する情報システムにおいて本年度の研究成果の発表を行いました。
2013/9/26-27
本プロジェクトのワークショップを軽井沢国際高等セミナーハウスで開催し、14名(外部からの招待者1名)が参加しました。
2013/7/25
Syracuse University から Patricia Longstaff 教授を招き、8月1日にシステムズレジリエンスのワークショップを開催します。
2013/5/10
自立エージェントとマルチエージェントシステムに関するトップカンファレンスであるAAMAS2013の「Challenges and Visions Pasers」トラックでNicolas Schwindが発表した論文「Systems Resilience: a Challenge Problem for Dynamic Constraint-Based Agent Systems」が第3位となり表彰されました。
2013/3/27
我々が運営するシステムズ•レジリエンス•ワークショップ (WSR 2013)が6月24日にハンガリーのブタペストで開催されます。このワークショップはディペンダブル•コンピューティングの有力国際会議である DSN 2013 に併設され、ワークショップのホームページはこちらでご覧になれます。
2013/3/5
本プロジェクトにおける事務補佐員の公募情報を掲載しました。[平成25年3月15日(金)17時必着]。

2013/1/29
2013年2月26日から2日間、情報•システム研究機構シンポジウム「システムズ•レジリエンス」を開催し、国内外のレジリエンス研究の招待講演、本プロジェクトの初年度の研究成果の発表を行います。

2012/10/19
複雑系の研究者である John Casti が最近出版した「 X-Events—The Collapse of Everything 」という 本の紹介記事を統計数理研究所、丸山宏教授が執筆しました。
2012/7/26 - 27
本プロジェクトのワークショップを軽井沢国際高等セミナーハウスで開催し、16名(外部からの招待者4名)が参加しました。
2012/6/29
一般社団法人レジリエンス協会が主催する講演会を6月29日に統計数理研究所(立川市)で開催され、本プロジェクトのメンバーが講演を行いました。当日のプログラム
2012/5/10
本プロジェクトのキックオフミーティングを開催し、18名(外部の研究者2名)が出席しました。
2012/2/15
情報・システム研究機構シンポジウム2011「システムズ・レジリエンス「想定外」を科学する」を開催しました。

最近の論文

  1. Kazuhiro Minami, Roberto Legaspi, Tomoya Tanjo, Hiroshi Maruyama, and Yoshiki Yamagata. Evaluating the Sustainability of an Ecological System Based on Evolutionary Multi-agent Simulations. In Proceedings of the International Conference and Utility Exhibition 2014 on Green Energy for Sustainable Development (ICUE), March, 2014.
  2. Hiroshi Maruyama, Roberto Legaspi, Kazuhiro Minami, and Yoshiki Yamagata. General Resilience: Taxonomy and Strategies. In Proceedings of the International Conference and Utility Exhibition 2014 on Green Energy for Sustainable Development (ICUE), March, 2014.
  3. Hiroshi Maruyama and Kazuhiro Minami. Towards Systems Resilience. Innovation and Supply Chain Management. 7(3), 2013.
  4. Kazuhiro Minami, Tomoya Tanjo, and Hiroshi Maruyama. Evaluating Resilience Strategies Based on an Evolutionary Multi-agent System. In Proceedings of the IEEE International Conference on Computational Intelligence and Cybernetics (CyberneticsCom), December, 2013.
  5. Hiroshi Maruyama, Kiyoshi Watanabe, Sachiko Yoshihama, Naohiko Uramoto, Yoichi Takehora, and Kazuhiro Minami. ICHIGAN Security - A Security Architecture that Enables Situation-Based Policy Switching. In Proceedings of the 3rd International Workshop on Resilience and IT-Risk in Social Infrastructures (RISI 2013), September, 2013.
  6. Hiroshi Maruyama. Towards Systems Resilience. The 1st Workshop on Systems Resilience (WSR), June, 2013.
  7. Yoshiki Yamagata and Hajime Seya. Community-based Resilient Electricity Sharing: Optimal Spatial Clustering. The 1st Workshop on Systems Resilience (WSR), June, 2013.
  8. Tenda Okimoto, Naoto Ikegai, Tony Ribeiro, Katsumi Inoue, Hitoshi Okada and Hiroshi Maruyama. Cyber Security Problem based on Multi-Objective Distributed Constraint Optimization Technique. The 1st Workshop on Systems Resilience (WSR), June, 2013.
  9. Nicolas Schwind, Tenda Okimoto, Katsumi Inoue, Hei Chan, Tony Ribeiro, Kazuhiro Minami, and Hiroshi Maruyama. Systems Resilience: a Challenge Problem for Dynamic Constraint-Based Agent Systems. In Proceedings of the 12th International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems (AAMAS), May, 2013.
  10. Kazuhiro Minami, Tenda Okimoto, Tomoya Tanjo, Nicolas Schwind, Hei Chan, Katsumi Inoue and Hiroshi Maruyama. Formalizing the Resilience of Open Dynamic Systems. Joint Agent Workshop and Symposium (JAWS), October, 2012.
  11. 丸山宏, レジリエントな社会に向けて, 日本ソフトウェア科学会第29回大会, 2012.
  12. 丸山宏, 井上克巳, 椿広計, 明石裕, 岡田仁志, 南和宏, システムズ・レジリエンス, 第11回情報科学技術フォーラム, 2012年9月.
  13. Kazuhiro Minami and Hiroshi Maruyama. Resilience Engineering: State of the Art and Research Challenges. Forum on Information Technology (FIT), Information and Systems Society, September, 2012.